次回例会のご案内


アイコン 7月例会ご案内
 6月は採用試験の解禁月。就職戦線本番突入ですが、今年はご存じの通り超売り手市場。大卒の求人倍率は1.78倍に達し、大手では学生の取り合い、囲い込み合いになっているようです。都会の大企業でも大変な状況下に、地方の中小企業は応募者を集めるのにも四苦八苦しているのが現状ではないでしょうか。「新戦力」獲得のめどが立ちにくい中、生産性向上・人手不足解消を図るためには、現有戦力の活用を考えるしかありません。
 そこで7月例会では、組織論と人材育成が専門の明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科教授の野田稔さんをお招きし、中高年世代の意識改革と人材活用について伺います。皆さま方の組織の埋もれた「逸材」発掘に役に立つこと請け合いです。


野田 稔 【日時】7月6日(水)午後0時05分 昼食 同 25分 講演(午後2時終了予定)
【場所】高新文化ホール(高知市本町3−2−15 高知新聞放送会館7階)

【演題】「こう生かせ 中高年社員〜人手不足を乗り切るために〜」
【講師】野田 稔(のだ・みのる)氏(明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科教授)

《講師略歴》
1957年東京都生まれ。
81年一橋大学商学部卒業後、野村総合研究所入社。87年母校の研究科へ社費留学。92年同研究所経営戦略コンサルティング室長、2001年退社後、多摩大学経営情報学部教授、リクルート新規事業担当フェローを経て、08年より現職。13年に一般社団法人社会人在学舎を設立。60歳。

《主な著書》
「組織論再入門―戦略実現に向けた人と組織のデザイン」(ダイヤモンド社)
「人を動かし自分を導くリーダーシップ」(KADOKAWA/中経出版)
「二流を超一流に変える『心』の燃やし方」(フォレスト出版)ほか多数