高新文化教室

第38回平尾学術奨励賞受賞記念 特別講演会土佐国における馬牧(まき)の成立とその過程

特別講座 全1回

-拠点の沼山村馬牧とそれを支える馬牧-

古代飛鳥時代から平安時代途中まで続いた南海道などの駅伝制で、馬の供給を担った馬牧は県内各地に分散させて設置されていた。拠点となる沼山村馬牧とそこを支える馬牧など、土佐国での馬牧の仕組みについて見てみたいと思います。

講座情報

日時 11月5日 (日曜日)
10:00~11:30
講師 東野 博文(土佐史談会会員)
受講料 1,500円(1回分)
教材費 100円
定員 40人
持参品 筆記用具
教室場所 高新文化教室(RKC高知放送南館)3階37号室